カウンター カウンター
カウンター カウンター

  • 事故に遭ったものの、その後の手続きが分からない
  • 治療中に、保険会社から治療費の支払いを打ち切られた
  • 加害者が何の対応もしてくれない
  • 加害者が自動車保険をかけていなかった
  • 事故の後遺障害が残りそうで、その後の手続きが心配
  • 後遺障害の認定が得られなかった
  • 休業損害の発生を立証する書類の作り方がわからない
  • 損害賠償額の計算の仕方がわからない
  • 示談書の作り方がわからない



クラブについて




🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶

  • 行政書士は保険請求手続の専門家
    • 行政書士は、被害者保護を目的とした保険でる自賠責保険請求のスペシャリストです。
    • 被害者が当座の治療費を必要とする場合や、加害者側保険会社に保険対応してもらえない場合など、自賠責保険を活用して被害者救済を図ります。

🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶

  • 自賠責保険と行政書士
    • 行政書士は、被害者が速やかに治療費や休業損害、慰謝料等を受取るよう自賠責保険会社などに提出する書面を作成する他、後遺障害の認定結果に不満がある場合は、事故調査や医療調査を行い、事故と後遺障害との因果関係を明らかにする書類を作成して、後遺障害に対応する異議申立手続書類の作成や自賠責(共済)紛争処理機構への申請書類の作成なども行います。

🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶

  • 行政書士は事実証明書類作成の専門家
    • 行政書士は、被害者が適正な賠償額を受取れるよう、事故原因の調査、事故と後遺障害発生の因果関係を立証する資料の収集、損害発生の事実を証明する書類の作成を通じて、損害賠償額の請求までの手続を行い、被害者を支援します。

🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶

Q  &  A

Q 保険代理店や鍼灸・接骨院など治療院で示談書や自賠責保険請求書類を作ってもらうことは可能ですか?

  • A 行政書士以外の者が、報酬を得て、権利義務に関する書類(請求書類)を有償で作成することは法律で禁止されています。仮に無償であっても、そのサービスをうたって顧客を誘引する行為は有償と同じに看做され、行政書士法により1年以下の懲役、又は100万円以下の罰金に処されます。


Q 交通事故の被害者は何もしなくても適正な賠償額が得られるのですか?

  • A 交通事故の被害に遭ったとき、その損害を立証する責任は被害者が負います。休業損害の算出や後遺症の発生と事故との因果関係、後遺症の程度、後遺症の発生に伴って労働能力が低下した損失の立証は被害者が適正な賠償額を受取るよう、被害者の主張を裏付ける様々な事実証明書類の作成を通じて、損害賠償金の請求までの支援を行います。