カウンター カウンター
カウンター カウンター



相続に関する手続きについて

相続開始日(相続人の死亡)

死亡届の提出(7日以内)

↓       ↓

遺言書の有無   相続人・遺産の調査

相続方法の決定

相続放棄・限定承認の手続き(3か月以内)

準確定申告(4か月以内)

遺産分割協議・遺産分割協議書の作成

遺産の分割(名義変更等)

相続税の申告(10か月以内)


クラブについて







🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶
(相続関係説明図、遺産分割協議書の作成)

相続手続きの際に、遺言書が無い場合は、相続人の間で遺産分割協議が必要となる場合があります。この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、一人でも欠けた場合は、無効となります。そこで、まず必要となるのは、相続人の確定です。親子間の相続ですと、亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍や相続人の戸籍などを用意しますが、亡くなられた方に配偶者や直系の卑属(子や孫、ひ孫など)がおられず、既に直系の尊属(両親、祖父母など)も亡くなられている場合は、兄弟姉妹(既に兄弟姉妹が亡くなられている場合は、おい・めい)が相続人となります。兄弟姉妹が相続人になる場合は、亡くなられた方のご両親について出生から死亡までの戸籍を取得する必要があります。そうなると戸籍を集めるのも大変です。このような時は、行政書士にお任せ下さい。行政書士が戸籍を収集し相続人を調査します。また相続関係説明図や(遺産分割協議が整えば)遺産分割協議書などの書類も作成します。 


主な遺産分割の種類

現物分割
相続財産を現物(土地や建物など)のまま分割する方法
換価分割
相続財産の全部又は一部を売却し、その売却代金を分割する方法
代償分割
特定の相続人が相続財産を取得する代償として、他の相続人に現金(代償金)を支払方法

遺産分割協議は、相続人全員が参加する必要があります。相続人の中に行方不明の者、未成年者、成年後見人等がいる場合は、不在者財産管理人、親権者(又は特別代理人)、成年後見人等が本人を代理して協議に参加します。

法定相続人の範囲

配偶者
夫または妻
子供
子供がすでに死亡しているときは、孫(代襲相続)
親(直系尊属)
配偶者の親は含みません。親が死亡しているときは、祖父母
兄弟姉妹
代襲相続する場合は、おい・めいまで

内縁の配偶者、子の配偶者等は、相続人となりません。

相続順位
法定相続人と法定相続分
第1順位
配偶者 1/2

子    1/2

第2順位
配偶者 2/3

親    1/3

第3順位
配偶者 3/4

兄弟姉妹 1/4